プロミスで今すぐお金を借りる!即日融資可能?

消費者金融とはなにか

 

消費者金融は、個人向けの小口融資をしている貸金業者のことを指す言葉です。消費者金融という言葉が使われるのようになったのは1980年代からでそれ以前はサラリーマン金融とも呼ばれており、現在でも年齢の高い人ではサラ金と呼ぶ場合もあります。貸金業法が施行される以前は、ルールが緩やかであり決して安全にお金を借りられる手段ではありませんでしたが、庶民金融として拡大成長を続けてきた業種になります。
現在の消費者金融のような仕組みは古くから存在していましたが、国民所得が上昇した1960年代から急激に発達してきたものになります。なお、それ以前の庶民向けの小口融資としては質屋が担っていましたが、質屋を利用する場合には担保となる質草を用意しなければならず手続きがやや煩雑でした。しかし質屋の場合には返済できなければ質草を弁済にあてることができるのでいつまでも借金が残ることはないため、安全な借り入れ方法といえます。
しかし、この質草を用意しなければならないというのがネックであり物の少ない時代ならともかく物があふれるようになるとその価値は低下し、代わって無担保無保証人で利用できる消費者金融が発達することになります。
消費者金融の特徴としては銀行などと異なり融資審査の基準が、ゆるやかで審査から融資まで時間が早いという点があげられます。このため信用力が低い人でも少額のお金ならば借りることができるメリットがあります。一方で、銀行とは異なりお金を借りたさいに支払う手数料である金利が高めな傾向にあり、またひとつに消費者金融といっても大手から中小までさまざまな貸金業者が参入しており、利用するさいには十分に注意して選ぶ必要があります。

 

消費者金融のデメリットとメリット

 

消費者金融のデメリットとしては、金利が高いという点です。以前はグレーゾーン金利などの問題が盛んに報道されていましたが、現在は法改正などによってグレーゾーン金利は解消されており、また金利の上限利率も20%に制限されています。一方でそれでも金利の水準は高めとなっています。
大手の消費者金融では金利の取り過ぎを回避するために、上限金利よりも2%ほど低い18%と設定しているところが多くなっています。これは利息制限法によって10万円以下は年20%、100万円以下は年18%、100万円以上は年15%となっており、18%以下の金利で100万円以下の借り入れであれば、金利の取り過ぎが発生しないためです。しかし、一部の中小の消費者金融では法律一杯の年20%を上限としているところもありますし、また多くの場合には遅延損害金は法律一杯の20%としているのが一般的です。
金利が高いのが消費者金融にとっては最大のデメリットですが、反面で最大のメリットはやはり利用し易いという点です。また大手消費者金融であれば提携している銀行やATMも多く、銀行のカードローンと変わらない感覚でお金を借りることができます。

 

安全な消費者金融とは

 

消費者金融といえば、以前は過剰な取立てがあり、また理論上からみても返済不能な貸付を行うといったところもあって決してすべての業者が安全と言えるものではありませんでした。特に無登録で営業している金融業者は闇金融とも呼ばれ、死亡事件が発生するほど社会問題化していました。
以前であれば民事不介入の原則から警察が救済してくれることはありませんでしたが、現在は過去の問題から警察も相談を受け付けてくれるようになっており、悪質な業者を利用した場合でも助かる手段が多く用意されています。一方で、このような事件が横行したこともあり、貸金業法が規制強化され現在では、相応の資本金がなければ貸金業が営めなくなっており、また無登録業者の取締も強化されたため、現在残っている消費者金融の多くは安全に利用できる業者となっています。
また規制強化の関係で過剰な取立てはほとんどなくなっており、多くは電話やハガキによる督促が行われるのが一般的になっており、場合によっては法的手段に訴えて給与差押えや債権回収に売却するといった方法に切り替わっています。また何らかのトラブルが発生した場合には紛争を仲介するための機関があり、それらを利用すれば安全に解決策を探ることができます。
なお、銀行傘下の大手消費者金融であれば、コンプライアンスを重視しているため安全に利用することができます。

大手の銀行傘下の消費者金融であれば即日キャッシングが可能で今すぐお金を借りることも可能です。

プロミスのメリットとは

 

日本での大手消費者金融といえばプロミス、アコム、アイフルの3社が有名ですが、このうちプロミスは三井住友銀行系となっており、アコムは東京三菱UFJ銀行系の消費者金融となっています。どちらも日本を代表するメガバンクであり、その傘下に入っている消費者金融ですので安全に利用することができます。
特にプロミスのメリットとしては金利が低いという点で上限金利を17.8%に設定しています。これはほかの大手消費者金融や中小の消費者金融が18%を上限としている点から見れば金利面でも有利です。またプロミスのメリットはWeb明細の申し込みをすれば初回利用に限り30日間の無利息期間を利用することができます。
プロミスはもともとは独立した消費者金融でしたが、経営環境の悪化などから業務提携にあった三井住友銀行の完全子会社となっています。現在の社名はプロミスからSMBCコンシューマーファイナンスとなっており、三井住友銀行グループの貸金業事業の中核的な会社となっています。なお、プロミスの名前はサービスブランドとして続いています。またSMBCコンシューマーファイナンスの傘下には消費者金融のモビットがありますが、モビットはプロミスと東京三菱UFJ銀行などが共同出資した銀行系消費者金融であり、プロミスが三井住友銀行の傘下に入ったことから株式が売却されSMBCコンシューマーファイナンスの子会社となっています。

プロミスは総量規制対象外?プロミスを選ぶポイント・ローンの種類

プロミスを選ぶポイントに上げる人が多いのは、カードローンの種類が多いことです。

当然、銀行カードローンではないので総量規制対象外にはなりませんが多くの人に利用されています。

現在、プロミスでは一般のカードローンに当たる「フリーキャッシング」、女性専用ダイヤルで安心してキャッシングできる「レディースキャッシング」、一つのローンにまとめて計画的に返済できる「おまとめローン」、自営業者のための「自営者ローン」、教育資金や結婚資金など使い道が決まっている人向けの「目的ローン」が準備されています。

従って、申込者はプロミスの5つのローンの中から、最適なカードローンを選択して申込むことができます。

それぞれのローンの特長は次の通りです。

まず、「フリーキャッシング」は利用限度額の範囲内であれば出し入れ自由のリボルビングシステムが特長で、資金の必要に応じた利用ができることがメリットです。

「フリーキャッシング」の融資の上限額は300万円で、適用金利は実質年率6.3%~17.8%となっています。

次に、レディースキャッシング」は、女性のために用意されたキャッシングサービスです。

女性専用ダイヤルが用意され、女性オペレーターが女性顧客の相談を受け付けます。

また、主婦や学生の場合でも、パート・アルバイトによる安定した収入がある場合は申込むことができます。

次に、「おまとめローン」は複数のカードローンを1つにまとめることで、毎月の返済計画を見直すことができます。

「おまとめローン」の適用金利は6.3%~17.8%で融資の上限額は300万円です。

「おまとめローンの特長は、最長10年までの借り入れ期間を選択できることで、返済回数は1回~120回までの中から選択することができます。

そして、自営業者のための「自営者ローン」は事業資金を対象にしていますが、事業資金に限らずプライベートな資金にも利用することができます。

最後に「目的ローン」は、融資限度額が300万円で適用金利が6.3%~16.5%となっています。

従って、申込者は5つのカードローンの特長を見て申し込むことができることが、最大のメリットと言えます。

プロミスの利用してみて

お金に困ってしまった時に、どのような方であっても比較的借り入れやすく、非常に簡単でスピーディーなキャッシングがおこなえる手段と言えば消費者金融が挙げられます。
カードローンなどと比べるとたいへん手短な手続きで済ませられることや、実際にお金を借り入れるまでの期間の短さなども、消費者金融の人気の秘訣です。
アルバイトや専業主婦の方であっても審査に受かりやすいので、いざお金に悩んだ時には心強い味方となってくれるものです。
そんな消費者金融の中でも非常に大手で、フリーローンもあるので多くの人からの信頼と支持を集めているプロミスを利用したことがあります。
プロミスを選んだのは、大手という安心感と知名度もありますが、即日でのご融資が出来ることや利息があまり高くないことが決め手となりました。
私はプロミスを、自動契約機からお申込みしました。
有人の店舗のプロミスもありますが、私は誰にも会わずにキャッシングを済ませたかったことが無人店舗を選んだ理由の一つです。
店員さんがいないプロミスのお店や、インターネットからの契約といった手段を選べば、コッソリと誰にも姿を見られずにキャッシング出来てしまうのです。
自動契約機という機械を使って契約をおこないましたが、オペレーターさんが音声で誘導して下さったので不安はありませんでした。
機械の使い方、書類の書き方なども簡単でした。
キャッシングをするにあたっては、返済方法や借入額などいろいろな疑問点が付きまとうと思います。
私もそうでしたが、親切なオペレーターさんに相談していくうちに、全て疑問は解消されて安心することが出来ました。
オペレーターさんはとても優しい方で、些細なことでも話しやすかったので助かりました。
無事に審査を通過することが出来て、その日のうちにキャッシングすることが出来ました。
プロミスのキャッシングでさらに嬉しかったことと言えば、30日の間は利息いらずでお金を借りれたことです。
コンビニからも返済できて、金利も低いので返す負担もかなり楽でした。

プロミス審査に必要な事

プロミスの審査は、傾向として確率はおおよそ50%。

この結果を低いとみるか、高いと見るかは、個人により異なりますが、いずれにしてもプロミスの審査は、基本的にやや厳しいと考えて良いでしょう。

ただ、審査が厳しいといえどもプロミスでお金を借りるのであれば普通に働き、収入も安定していて、他に借金が無く自由になるお金もあるという方なら、審査にも問題ありませんので、バイトだから駄目とか、主婦だから駄目という事はありません。

あくまで「収入に対しての返済能力」なので「安定収入&支出のバランス」がとれている方の借入には問題なく審査もクリア出来るかと思います。
プロミスでは、審査をはかる目的で幾つかの項目を設けていますが、主な内容は「会社名」「勤続先住所」「所属部署」「勤務先番号」「社員数」「雇用形態」等となります。

もちろん、バイトの方の場合は勤務先やその住所、電話番号等が主に審査の項目となります。

この他「入社年月日」等も審査の項目となりますし「年収」や「業種」「健康保険証の種類」等も審査の項目となります。
こうした内容の他には「名前」や「生年月日」「性別」「家族構成」等が審査の項目としてあげられます。

このような項目内容をもとにプロミスの審査は行われます。
プロミスの審査に必要となる項目は、他融資機関でも同じで、他融資機関で融資を申込んでもこうした内容は重要視され、その内容を元に申込み者一人ひとりに点数をつけてその合計により審査の可否が判断されるようになっています。

そのため、申込み内容には間違いの無いようにする事と、嘘の内容を入力(記入)しないようにする事が大切で、うっかり間違った場合でも、プロミス側は申込み内容に嘘があるとみなしますので、申込みに伴う項目には間違えのないように申告をしなくてはいけません。

プロミスの審査は、少々厳しいところもあるようなので、審査を上手く通過してキャッシング利用に運ぶようにするためにも申込みは慎重に間違わないように申込みましょう。

 

プロミスで便利な借り方って?

カードローン「プロミス」は大変人気の高いカードローンです。
プロミスでお金を借りる「キャッシング」の方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
今回は、プロミスで便利に借りる方法について見ていくことにしましょう。

プロミスには幾つかの便利な借り方が存在しますが、最も多いのは「キャッシュカード」を使った借り方です。
契約時に発行される「プロミスカード」を利用すれば、お客様サービスプラザや無人契約機で必要なお金をまるで引き出すかのように、キャッシングする事が出来ます。
使い方も、銀行のキャッシュカードと殆ど同じですし、利用可能枠内であれば、自由に借り入れをする事が出来ます。

その他にもプロミスの提携している全国の銀行ATMや、ほとんどのコンビニATMで利用可能です。
コンビニであれば24時間いつでも借り入れ、返済が出来るので時間を気にせず使えるのが大変便利です。銀行でお金を借りるより便利かもしれませんね。

次に多いのはパソコンや携帯、スマホなどからキャッシングをする方法です。
プロミスの公式サイトにある「会員ログイン」のページから入り、自分が振り込んで欲しい銀行口座を指定(登録)します。
提携している三井住友銀行かジャパンネット銀行であれば即時振り込み、その方の口座であれば通常の銀行振り込みと同じように、平日9時〜15時の間に振り込みが実行されます。
こちらも、利用可能枠の中で自由に借り入れと返済が出来るので大変便利なサービスとなっています。

パソコンも携帯も苦手、あまり使わないという方には、電話で直接キャッシングを申し込む事が出来ます。
オペレーターに頼んで希望する口座に振り込みをしてもらうのですが、平日の9時〜15時までに振り込めるように、早めの申し込みをオススメします。

特に当日中の融資を希望するのであれば、14時50分までには受付が完了するようにしておきましょう。
午前中などの申し込み完了を目処にするのがオススメです。